太平洋側気候に属する恵比寿周辺について

恵比寿は渋谷区にある一地区ですが、地理的には目黒区に近い場所にあり、南側には目黒川が流れています。

この地域は冬に雪が少なくなるのが最大の特徴の太平洋側気候に属しています。西高東低の冬型気圧配置のときには、北西方向からの冷たく乾いた風が吹きます。冬型の気圧配置の時には、雪が降ることは極めて稀です。降ったとしても小雪がわずかにちらつく程度です。恵比寿付近の地域で雪が降るのは、2月から3月上旬にかけて関東の南の海上を南岸低気圧が通過するときです。

南岸低気圧が通過するときに強い寒気が残っているような場合には、恵比寿でも大雪になることがありました。

しかし、最近では急速な都市化の影響もあって、恵比寿周辺の積雪量は激減しています。

農村地域であった昔は氷点下まで気温が下がることも珍しくはありませんでした。都市化の影響で夏の暑さは厳しくなる傾向にあります。恵比寿は武蔵野台地の上にありますが、海から離れているため、涼しい海風が吹く東京の湾岸沿いよりは暑さが厳しくなります。